経済指標とは?

FX経済指標ってのはファンダメンタルズ分析やテクニカルでもトレードできます。

経済指標と言ってもニュースとかイベントも含まれてます。

経済指標はその各国の公的機関等が発表する経済状況を構成する要因です。

物価とか金利とか景気とか貿易を数値化した経済の現状や過去からの変化を正確に把握できるものをいいます。

経済指標によっては一瞬で大きく動くので短期トレードになればなるほど、いつ何の経済指標が発表されるかは事前に分かっている必要があります。

もちろん長期トレードでもトレードする時も調べておく必要あるんですがスイングトレードではその間にポジション持ってる間にいくつもね指標が発表されるので気にしすぎてもトレードができなくなるっていうのがあります。

何がいつ発表されるかっていうのは証券会社のホームページなどで分かります。

あと経済指標をネットで検索すれば出てきます。

経済指標の全てが大きく動くわけじゃないんです。

重要な経済指標と重要じゃないもの、もちろん重要なほど大きく動きます。

時には何が注目されているかによるんですけども時期によって変わってきます。

アメリカの住宅のことが注目されていたら住宅着工件数の指標で動くという形です。

経済指標には予想があります。

事前に発表されるんですがその予想と結果が乖離していればしてるほど大きく動きます。

あとは事前にネットの織り込んでいるかによって大きく動くっていうのは決まってきます。

事前織り込みが不十分な時があればその分、大きく動きますしアナリストの予想っての一人のアナリストも予想ではないです。

いろいろなアナリストが予想したものを平均したものなので外れることもあるわけです。

大きく動くっていうのはアメリカの雇用統計とかGDP速報とか政策金利とかになると思います。

経済指標カレンダーの見方なんですが星5個で表してます。

5個が一番重要になって、それ以外は予想とかなり話したら大きく動きますけれどもそんなに動かないのかなって思います。

気を付けるポイント

気をつけなきゃいけない点っていうのは経済指標ってのは初心者を安易に手を出さないことです。

傾向としてはそのギャンブルが好きそうな初心者っていうのは大きく動く経済指標で大きく負けて対処していくっていう話をよく聞きます。

なので、安易に手を出さないということです。

一方向に動けばいいんですけど上たと思ったらしたいったり、下いったと思ったら行ったり揺り動かしがあるので難しいです。

短期トレード1日朝に今日何が発表されるかっていうのは絶対把握しておく必要はあります。

トレード短期トレーダーになればなるほどです。

スイングトレードに関してはそのトレンドも変えてしまうほど大きな指標っていうのは政策金利などになってきます。

そのぐらいは気にしておいた方がいいのかなと思います。

まとめ

大きい雇用統計であってってもトレンドを変えるまでにはいたなることが多いです。

経済指標って言っても各国の重要な人が記者会見なども経済指標に入ります。

ECB総裁の記者会見とかそういうのもあると思うんだそれ記者会見っていうのその経済指標の発表と違って数字がパーンと発表されて大きく動くんじゃなくて

記者会見なので色々とその30分、1時間の間でずっとし喋り続けてそれを聞いて動くわけです。

経済指標の中でも一方向に動くって言うのはひとつ僕の中ではあるんでそれは必ずトレードしてます。

今回はFXの経済指標についてお送りしました。